“美しい島” 台湾の中部山域で開催された Formosa Trail の 40km に参加してきました。レース編と観光編の2つに分けてポストします。

※ この大会の概要についてはこちら

2018年最後のレース。そして初台湾。TransJeju と同じぐらい楽しみにしていたレース。

このレースは今年で3回目の開催。

舞台は台湾中部の埔里(ぷり)近辺の山岳地帯。台北からは新幹線(高鐵)で台中まで行き、そこからはバスまたはタクシーでアクセスする。僕たちはバスで行ったのだけれど、数人で行くのならタクシーの方がいいかも。バスは南投客運という会社が運行していて、バス乗り場は台中駅改札の下の階にある。ただちょっと乗り場がわかりにくいので、南投客運のカウンターを探して「埔里行きのバスに乗りたい!」と伝える。ちなみに台湾の若い人は英語がOKな人が多いけど、ある程度の年配の人は英語が通じない。南投客運のカウンターの人は若い女性でした。あと、運営がチャーターしたバスも台北や台中から出ていました。

スタート/ゴール会場は鯉魚潭という湖のほとりにある The Solas Hot Spring Resort (天然温泉会館)というホテルの敷地内。この鯉魚潭というところは埔里の市街地から5kmほど離れてる。埔里市街地に泊まって会場に行く場合は運営がチャーターしたバスに乗る必要がある(要予約)。ちなみに埔里市街地ではタクシーはあまり見かけなかったので、埔里でタクシーを使う場合は宿のフロントで呼ぶことになると思う。

 

今回はこのお二人と一緒の旅でした。

僕は当初は65kmにエントリーしていたんだけれど、膝がまだイタイイタイ状態なので理由を記して運営にメールし、40kmへの変更をお願いしました。※ 運営の準備の都合上、ホントはこういうことは認められません。無理言ってすいませんでした > 運営。

40kmコース

Download

僕たちは会場から徒歩5分ぐらいの 天水蓮大飯店Lakeside Resort Hotel というところに宿泊。このホテルはGoogleのレビューがあまり良くなかったのでちょっと心配していたのですが、特に問題はなかった。チェックイン時にまだ清掃中ということで少し待たされたぐらいかな。

40kmレースは朝5時スタート。3時起き…。

ここからは写真中心でどうぞ。

スタート。少し肌寒いぐらい。
ロードを5kmぐらい走ってからトレイルに入る。すぐにロープ場があります。ここまではポール禁止。
よっこらせ~
穏やかな雰囲気の森の中へ

しばらくはこういった感じの森の中を走ります。森の中はあまり展望がありませんが、しかしエイドに近づくと…

わお!
え?なに?天国?
ああ~
幸せだ…

眩さを感じる美しさ。そして何故だが懐かしさを覚える景色。暑くもなく寒くもない気候。深い青空。幸せを感じる。来てよかった。ずっとここにいたい。

フォルモサ(美しい島)という台湾の別称は本当だった。沖縄では海の向こうにニライカナイと呼ばれる楽園があるという伝承があるけれど、それって台湾のことなんじゃないですかねマジで。

レースではいつも後半になるとダレる僕だけど、こういった神のような場所のおかげか今回は全く心が折れなかった。パワースポットかよ!エイドで出た中華料理(ミミガーみたいな肉料理と春雨スープ)をたらふく食べたってのもあるけど。いやしかしあれはホント美味かった。どんなに値段の高いエナジーバーよりも、美味しい料理をたくさん食べるのが一番のエネルギーになるよ!

最後の10kmぐらいのロードが膝に響いてちと辛かったけど、ポールを舗装路にガンガン突きながらなんとか走る。

ただいま~!楽しかった。

タイムは 8時間37分19秒。84位/247人 でした。全体のリザルトはこちら

今回一緒に旅した薫さんは104kmで女子2位
同じく一緒だった竹内さんは104kmでなんと3位!すげぇ。
TransJejuで一緒だった長田くんは65km優勝。ゆかりちゃんは104km女子1位。
65kmに出たこの緑レンジャー氏は全く疲れを見せなかった。
緑レンジャーに撮ってもらった

 

完走証は後日オンライン(Facebookページ)で発行してもらえる。

ぜったい来年も出たいぞ~!うおーーーーー!

レース編は以上です。次回はレース前後のお話、観光編です。