風邪をひいたり何だりで更新が滞ってしまった。今日はロード用のシューズを買いに行ったのでそのお話。※この記事中のリンクにはアフィリエイトとかは仕込んでいないので念の為。

 

今日は膝に優しいロードシューズは無いものかと みなとみらい へ。最初は HOKA ONE ONE あたりを考えていたんだけれども、試着した感じでは思ったよりクッション性が無かった。そこで店員さんに相談したら NIKE をオススメされた。

NIKEか~。NIKE って大金を払ってトップアスリートにシューズをはいてもらっているイメージしかなかったので、今までランニングシューズとしてはちょっと敬遠していた。でもそう言えば最近、ロードランナーの間で話題になってるシューズがあるな..。

NIKE ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット (NIKEのプレスリリース)

エリウド・キプチョゲや設楽といったトップアスリートが世界新・日本新を出したシューズということで大注目されて、めちゃくちゃ売れているらしい。

が、お値段 28080円 とかなりお高い。正直、シューズ1足に3万は出せないっす…。

でも、実はこのモデルには廉価版がある。

ZOOM Fly Flynkit

僕のようなクソランナーには廉価版で充分…って言うても17280円とそれでも少し勇気が必要なお値段。しかし試着してみたらクッション性、フィット感がめちゃくちゃいいし、さらにはデザインが良くてランニングに合わなかったとしてもカジュアルでも履ける!ということでカードで買ってしまいました。

で、さっそく今日ちょっとだけ走ってみた。10 km ちょいでジョグペースからウィンドスプリント、膝に痛みを感じたら歩く。という内容。

結果、かなりいい感じでした。ウィンドスプリントでは、自然とフォアフットになり、シューズの反発力(ソールの中にカーボンのプレートが仕込まれているらしい)で同じ力でもいつもよりもスピードが出る感じ。そして Flyknit のフィット性と厚底ソールのクッションで履いててホント気持ち良い。初めて「今までのシューズは何だったんだ~~~!!」って思った。NIKEすげぇよ!今まで偏見の目で見ててごめん。キプチョゲの「このシューズは完璧です」というセリフに嘘は無かった。廉価版でこれなんだからヴェイパーフライはどれだけなのか。

そして是非このモデルのトレイル版を出して欲しい!3万でも買います!!(ちなみにその昔、NIKEには ACG というアウドドアコレクションがあったのだが、復活したらしい。)