何やら新しいレースができたようです。

奥武蔵スピードトレイルチャンピオンシップ – 東京トレイルランニング

TTR(Tokyo Trail Running)史上初めての規模のトレイルランニングレースが、飯能市とのコラボレーション企画で開催します。コースは「奥武蔵スピードウェイトレイル」というトレイル専用に開発された自然豊かなコースで、今回初めて一般に公開されます。レースはハーフマラソンの21kmとフルマラソンの42kmの2つの部があり、個人参加、もしくは2名 or 4名のチームによるリレーへの参加が可能です。 帰り道には、温泉とバーベキューオプションを楽しめます

今回のコースは既存のトレッキングコースを使うのではなく、今回のために独自に開拓したコースのようです。ハイカーを全く気にせずに走れるってことですね。すごい…。(追記:10.5km の周回コースだそうです。エイドあり。)

レースサイトは英語ページもしっかりあって(というかメインページが英語で、多言語対応で日本語に対応しているといった感じ)、外国人の参加率が高くなりそう。ちなみに申込みは Runnet などではなく、japanevents.jp というサイトを利用していて、英語のみの対応です。

エントリー料は21kmで4,000円、42kmで4500円。

これは凄いおトク感!というか、他のレースが高すぎですよね。これぐらいの値段が妥当に思える…。

主催は、東京トレイルランニング(TTR)という、東京在住の外国人が中心のチーム。

Tokyo Trail Running (Facebook Page)

TTR は、毎週のようにイベントを立ち上げて東京近郊の山々で走っているようです。

— 追記 —

わたくし 21km にエントリーしました。本当は 42km にエントリーしたいとことだけど、今の膝の状態でトレイル 42km を6時間で踏破は厳しそう。その前に TransJeju は大丈夫なんか、って話だけれどもね w