72歳の Wally Hesseltine ウォーリー・ヘスルティーン が Western States 100 mile を走る。制限時間は30時間。この方は35年間走り続けていて、ウルトラマラソンを延べ175回走ったそうです。果たしてこのベテランランナーは 30時間以内にゲートに辿り着けたのか。

映像と編集、そして音楽も凝っていて殆ど映画のような作り。そして様々な感情が交錯するラストシーン。必見です。

ちなみに日本語のキャプションはありませんが、英語がわからなくてもなんとなく伝わってきますし、特にラストはナレーションや会話は無いので大丈夫かと思います。