Hardrock100 は今年が25回目の開催で、146人が参加し、114人が完走。

参加枠は145人のみという狭き門。そのうち新規参加者枠は45名のみ。33名は5回以上完走しているベテラン枠。67名は新規・ベテランどちらにも該当しない枠。そこに世界中のツワモノランナー1000人ぐらいから申し込みがあるそうです。そんな世界最高峰のレースで今回初参加で女子4位に入ったクイーン丹羽薫の報告会に参加してきました。

100マイルで累積約1万メートルで平均標高は富士山山頂ぐらいとか。色んな話をしていたのですが、わたくしの想像の及ばぬ世界でうまく咀嚼できなかったので、今回は写真中心でお送りします。

なんでしょうこの高低図
装備

 

Team Kaori シャツ

 

自動車レースのワークスチームかっていうぐらいのサポートチームだったようです。

 

サポートチームの要、しのちゃん。
献身的に働くしのちゃん
フィニッシャーメダルとTシャツ

 

フィニッシャーバックル?
おめでとう~!
うえ~い

 

コースは年毎に時計回りだったり反時計回りだったりするそうで、両方完走して真の Hardrocker とみなされるらしい。

いつかコースの一部ぐらいは走ってみたいものですね(精一杯のコメント)。