前回のレースから1ヶ月半。レース直後に膝に痛みが出て、最近は痛みが引くどころか膝関節の可動域が狭くなってきてしまったので午前半休とって整形外科に行ってきました。

行ってきたのは横浜は日の出町にある「郷整形外科医院」。近所だしGoogle のレビューも結構良かったのでココにしました。

“看護師さん、受付の方々皆さん感じがよくて、良いクリニックだなぁと思いました!”
“診断も説明もわかりやすいし、注射も上手な素敵な先生です❗”
“院内には水槽があって熱帯魚を鑑賞できます。”

レビューに書いてあることは間違ってなかった。

先生は勝新太郎みたいな風貌で一瞬ちょっとビビりましたが、説明は端的でわかりやすく、診断・治療も迅速。注射も痛くなかったです。15分ぐらいで全て完了し、あっという間に膝も軽快!スゲェ!って思いました。

わたし、痛めてからずーっと鵞足炎(がそくえん)かと思っていたのですが、診断の結果は「半月板損傷」でした。以下の写真で赤いバッテンがついているところ(半月板)に傷がついてて、膝に水がたまってるとのことで注射器で抜いてもらいました。

 

半月板を損傷しますと、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。ひどい場合には膝に水がたまったり、急に膝が動かなくなる”ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります(頂いた資料より)。

あと、私O脚なのですがそういう人は膝の内側に負担がかかりやすいので、踵の外側が盛り上がってるインソールにすると膝の負荷が分散されて有効だそうです。O脚の人は土踏まずが盛り上がってるようなシューズは避けたほうがいいと言っていました。

高いシューズがいいってもんじゃないからね!

というのは先生の金言。自分の身体の状態や特徴に合わせたシューズを選べ、ってことですね。

来週ぐらいから走っていいよ、とのことでした。先生のインタビューを読むと、先生自身もかなりスポーツ好きなようで、僕のようなアマチュアランナーに対しても理解がありそうな感じがしました。

骨の状態などは20代ぐらい、筋力もいい感じだね!と褒められました!!イエイ🌅🌅🌅

あー、素人診断せずにさっさと病院行っとけば良かったよ~~~!!😂😂😂

ちなみに原因ですが、前回のレースでスキーゲレンデを下る部分があったのですが、結構傾斜がキツくてスピードを出せず、ブレーキをかけながら下った時にヤラれたかなぁ、と推測。ゲレンデ部分はゴールの手前だったし、ゴール直後に痛みが出たことからも。下ってるときのブレーキってすげー膝にきますよね。体重の問題もあるとは思うけど!実際、サッカーやラグビーなど、急に切り返すような動きが多いスポーツは膝を痛める人が多いらしいので、そんなに外してはいない推測かと思います。

 

※休診日などはこちらに記載があります。