そういえばブログを始める前に TransJeju の56km にエントリーしていたのだった。なので今更大会情報などをまとめてみる w

2018/10/24追記: レースレポートを書きました。

韓国のリゾート地、チェジュ島(済州島)で行われる大会。Ultra-Trail® World Tour の Discovery Race にも選定されていて世界的にも注目度が上がっているレース。

56km (2500m+ Limit 12H) と 111km (4200m+ Limit 30H) の2つのコースが設定されていて、去年の大会では50kmコースで 長田 豪史(おさだ ごうし)くんが優勝しています。長田くんは今年は招待選手として出場するそうです!

56km コース

最初にドカンと登らせてあとはほぼ下りかフラットというあまり無いパターンのコース。

111km コース

距離の割に制限時間が長いので結構キツいコースなのかな?

チェジュ島は島全体がジオパークにも認定されている。チェジュ島の真ん中にそびえる 漢拏山(ハラサン)は標高1,950 メートルで韓国で一番高い山。50kmと111km のコース図を見てみると、両コースとも漢拏山の山頂を経由する。

Courtesy Republic of Korea/Creative commons/Flickr

漢拏山にはさまざまな植物が育っており、学術的価値が非常に高く、天然保護区域に指定・保護されています (Visit Jeju) 

スケジュール

10/19 Fri.
15:00 ~ 20:00 : ギアチェック&レースパック受取@Jeju National University
18:00 ~ 19:00 :ブリーフィング

10/10 Sat.
05:00 シャトルバス出発 from Jeju Hawaii Hotel
05:30 ~ スタート準備 (ギアチェック他)
06:00 ~ 56km, 111km スタート
18:00 ~ 表彰(56K)
21:00 ~ 56K 終了

10/21 Sun.
11:00 ~ 表彰(111K)
12:00 ~ 111K 終了

受付場所はココ。空港からタクシーで30分ぐらい。

シャトルバス出発場所。去年とは場所が違うみたい。

大会のTeaser

チェジュ島がどんなところなのかはこっちの方がわかりやすい。

チェジュ島公式観光案内サイト

あなたが済州島から離れることができない10の理由 – CNN Travel

僕は「日本から近いしリゾート地だし!」という理由だけでエントリー 。ちなみに本州からの距離で言うと沖縄よりも近いです。エントリーの時はあまりチェジュ島のことを調べていなかったのだけれど、よく調べてみるとめちゃくちゃ良いところじゃん!と改めて自分のチョイスに納得。2泊3日の行程で組んだけど、もう一日延泊してガッツリ観光してもいいかな?って思えてきた。(が… Korean Air のエコノミークラスは、予約変更に15000JPYのペナルティー料金がかかるので断念)

まだまだエントリー受付中みたい。