※ 一部は WHY MUSIC IS A MUST FOR EXERCISING SUCCESSFULLY からの引用・翻訳です。

走ってる時に音楽聞いてますか?僕は欠かせません。でも近所を走る時に周りを見てると音楽聴きながら走ってる人って意外にいないです。でもいいですよ。音楽聴きながら走るのって。なにせテンションが上がりますから。車の中で音楽聴いてる感じに近いです。僕なんかレースの時に周りに人がいなくなったりすると歌っちゃったりしちゃうし。気付いたら後ろに誰かいたりするっていうあるある。ああ恥ずかしい。

ある統計によると、120 bpm (Beat per minutes) ぐらいの音楽がもっとも運動には効果的だそうです。

120bpm ってこれくらい。

 

なぜ運動中に音楽を聴くのか?と尋ねると 22.4%の人が「よりテンションが上がり運動強度が増すから」と答えたそうです。

うんうん、ハゲしく同意。

練習中にどのようなタイプの音楽を聴きたいか?という質問を184人に聞いたところ、1位 HipHop(27.7%)、2位 Rock(24%)、3位 Pop(20.3%)、4位 カントリー(12.7%)という結果だったそうです。

たぶん調査相手は大学生だね。

でも bpm とかそこまで気にしなくても良い気がする。気に入ってて思い入れのある曲だったらテンションは上がるもんだ。

僕は最近この曲を良く聞いている。 あれ、結局 120bpm ぐらい?

 

あと歌詞やリリックも大事。なんか頑張れそうな内容だとより良い。

これとか。


スポーツ用の Bluetooth インナーイヤーヘッドホンはちゃんとしたやつ買わないと何度も後悔することになります。ここはひとついいものを買うべし。僕は何度も買い替えた。ヘッドホンひとつとってもギアって課金沼。

そして僕がたどり着いたのは BOSE。ちと高いけど。

僕は SoundSport wireless headphones っていうのを使ってます。

 

BOSE SoundSport wireless headphones

写真には写ってないけどこれはコードの真ん中にクリップがついてて、これをランシャツの襟に挟むと揺れない。そして走ってても耳から外れにくい。もちろん音もいい。欠点なし。あ、ただバッテリーが6時間ぐらいしか持たないのでそれ以上かかるレースの時は困るけど。バッテリーが尽きて音楽もなくなると心も折れやすくなります。前述の調査通り。9 dragons の時も BOSE のバッテリーが終わった時はかなり鬱になった。しかし逆に言うと音楽が無かったら関門に引っかかってたと思う。

ちなみに日本のレースだとヘッドホンやイヤホンが禁止の場合があるけれど、少なくとも僕の出た香港のレースのレギュレーションにはそういった規定はなかった(はず)。ゆーてもやっぱり迷惑だし危険やでおっさん、って言われてしまうと何も言えないけど。人の多い鎌倉とか高尾行くときは片耳は外してます。

 

良いヘルシー&ミュージックライフを~!