首都圏で最高のトレイルのひとつ、箱根外輪山。

明神ヶ岳の山頂近くより。富士山の手前に見えるモコっとしたところが金時山。金時山から左に連なる稜線が芦ノ湖方面に伸びている。
交通 ★★★ 箱根登山の基点は箱根湯本駅。関東屈指の観光地だけに箱根湯本への交通は充実しています。新宿からならロマンスカーに乗って乗換なしで。東京駅からなら新幹線で小田原に行き、箱根登山鉄道に乗り換えて。羽田空港から横浜経由でバスも出ているようです。半周(約25km)する場合は、箱根湯本からバスで桃源台に向かいましょう。箱根湯本の改札外にロッカーがあります。
コース ★★★ 外輪山丸一周は約50km。オススメは桃源台(湖尻峠)~金時山~箱根湯本の半周コースの約25km。長尾峠から金時山までは大きな富士山と芦ノ湖が、明神ヶ岳~明星ヶ岳は太平洋の海と箱根山の大涌谷が見渡せる、まさにプラチナコース。金時山の山頂直下に急登があり、ハイシーズンの休日はよく渋滞します。
難易度 ★☆☆ 一般的な走力だったとして、半周であれば6時間程度です。箱根湯本~金時山~湖尻峠間はエスケープルートが複数あります。乙女峠では御殿場側に降りることもできます。一周する場合は単純計算で12時間以上かかりますので上級者向けです。補給箇所は金時山山頂しかないので水分や補給食は多めに持っていく必要があります。

約25km ※トラッキングをポーズ状態にしてたため一部区間が直線になっています。

Download

完全版のGPXは以下から。

ヤマレコ – 箱根外輪山一周(箱根湯本起点)

ヤマレコ – 箱根外輪山半周(桃源台-金時山-明神ヶ岳-明星ヶ岳-箱根湯本)

 

むかしむかし、ずーっと昔、箱根一帯は富士山と同じぐらいの大きな火山で頻繁に噴火を繰り返していたそうです。ある時、その山が崩壊し、その後に残ったのが箱根山(駒ケ岳と神山)、そして外輪山だそうです。大涌谷では今でも水蒸気が噴出しています。そんな話を聞いただけでなんだかワクワクしてきますね。

 

桃源台近くにある登山口。ちょっとわかりにくいかも?

 

半周する場合は、湖尻峠にあるハイキングコースの入り口からスタートするのがオススメ。逆コースだと帰りに汗だくでバスに乗る事になってしまいますから。着替えは箱根湯本のロッカーに預け、箱根湯本からバスで桃源台に向かい、桃源台のバス停からハイキングコース入り口まで芦ノ湖沿いを少し歩きます。

 

金時山手前から芦ノ湖方面を望む。

 

箱根外輪山コースの良さは、その展望の良さはもちろん、自分の走ってきたコースを眺めることができるところ。「あそこから来たんだ~。俺(私)すげ~」と何回も悦に入ることができます。

 

インスタ映え?

 

金時山には金太郎茶屋という小屋があります。昼ごはんはここでカレーうどん。女将さんも名物です。そして某有名ランナーさんのウェアが飾ってあったりします。

 

 

明神ヶ岳山頂から太平洋を望む。

 

半周だと、ガシガシ走れば早い人で4時間以下で踏破できるのかも知れません。でも子供連れやお年寄りのハイカーさんが多く、何より展望が素晴らしいので、写真などを撮りながらゆっくりと笑顔で挨拶を交わせる程度のペースで進むのが良いかも知れません。

箱根湯本に着いたら、温泉で汗を流しましょう。温泉は困るぐらいにあります。

 

駅近だと弥次喜多の湯などが有名です。最近、新しい日帰り温泉施設も出来たようです。

 

いつか、外輪山一周に挑戦してみたいです。宿とらないと厳しいかな w 。