離島は好きですか?日本では数少ない小さな離島でのトレイルレースです。

交通 ★☆☆ 関東圏から伊平屋に行くにはほぼ一日要します。離島ですからね。
【羽田/成田】⇨飛行機⇨【那覇】⇨車⇨【運天港(今帰仁)】⇨フェリー⇨【伊平屋島】
伊平屋に前泊するのも良し、レースは昼からなので名護や今帰仁に前泊するのも良し。フェリーはドック入りすることがあり、そうなると伊是名島のフェリーを共用し運行スケジュールが変わりますので、運行状況は必ずチェックしましょう(ドック入りの予定についてはフェリー会社または役場に電話するのが確実)。
コース ★★☆ ランは24㎞/16km、ウォークは6km。トレイル、海を見渡せるロード、ビーチラン、とバラエティに富んでいます。エイドでは地元産のものがあったりして、運がよければ地元産の珍しいアイスクリームを頂けます。そして晴れていれば見たことのない色の海を見渡せるはず。ウォークもあるから家族連れでも楽しめる。
難易度 ★☆☆ 一般的な走力だったとして、24kmは3時間程度でゴールできます。ハセツネのような自分の力量を試すレースでは無いかも知れません。でも、きちんとタイム計測、表彰や賞品がありますのでガッツリ走って入賞を狙うのも良いですし、ファンランで伊平屋を満喫するのも良し。どちらの取り組み方でも楽しめます。
運営 ★★☆ 沖縄のアウトドアショップ NEOS地元の方々、そしてSALOMONの共催です。
Download

 

離島といえば八重山諸島。石垣島、西表島、竹富島、波照間島。あたりが有名でしょうか。しかし、沖縄本島周りにも離島はあります。そのひとつが伊平屋島。石垣島などの有名どころと比べると沖縄県外ではあまり名前は知られていない島。しかしその分観光客は少なく、素朴な本来の沖縄の離島らしさを残した島でもあります。ロードランナーであればムーンライトマラソンが行われている島として有名かも知れません。

伊平屋ヴィレッジトレイル 公式サイト

(参考) ムーンライトマラソン公式サイト

 

私はプレ大会~第2回の3年連続で参加しました。何気に離島好きなのです。石垣島や竹富島といった有名どころと比べると、この島には有名観光スポットも米軍基地もオシャレなカフェも無い。そして観光客も少ない。でもこれが本来の離島の姿。きっと、ずーっと昔から殆ど変わっていない風景がそこにはあります。そう思えば一度は行ってみる価値はあります。

 

 

このレースは晴れたら最高のコースです。タイムや順位を重視するなら曇りがいいかも知れません。この上の写真に写っているのは自分なのですが、私はもう5年以上は走っていて大会などで様々なところに行きましたが、その中でもこの写真の瞬間がもっとも心に焼き付いています。

 

 

このレースは沖縄旅行のちょっとしたイベントのひとつ、とするのが良いと思います。県外からこのレースに参加するためだけに来た、というのは恐らく物足りなくなるでしょう(3時間で終わってしまいますので)。レースの前後は、誰もいない海岸でボーッとしてみたり、今帰仁や名護を巡ったり。もちろんグルメも外せませんね。そんな楽しみ方がいいと思います。

 

 

お酒を飲みたい人は 伊平屋港のほど近くにある釣り吉へどうぞ。美味しいですよ。

 

今帰仁の運天港にほど近いところには北山食堂という居酒屋があり、ここには泡盛が出てくる蛇口があります。飲み過ぎ注意!フードももちろん美味しい。